放生記

雑草と共生する自然農をやっています。大好きな焚き火をしながらあれこれ 浮かんでくる事柄をエッセイにまとめました。 どんなものが生えてくるやら自分にも分かりません。時には水彩画のスケッチを添えます。

いぶし銀願望

1808風鈴
気の遠くなるような酷暑が続きます。
ニュースでは、躊躇わずに冷房を使えといいますが、余計なお節介です。3.11の時に計画停電がありましたが、あれは何だったのでしょうか。躊躇わずに使えとは何事かと思ってしまい、どうも報道にうさん臭さを感じてなりません。

二年後にはこの時期に五輪開催となりますが、熱中症対策はどうするのでしょうか。今朝の報道ではサマータイムを検討中とありますが、それだけでは不十分でしょう。
いっそのこと全競技ナイトゲームにでもしなければ死者がでるような気がします。

こんな事をヱラそうに言うのは年の功というものです。80才を越えている今、私の体にも心にも積年の弊が堆積しています。

それらのものが単に降り積もった形であるならば、新陳代謝を阻害し頑迷とか固陋とか言われます。そこまでにならずとも、堆積物が枯れたり腐ったりすれば、ジジムサイとかで鼻つまみの存在になります。

逆にそれらが、内なるものとある種の化学反応をおこして光り輝く。しかも新品のそれではなく、落ちつきのある渋い色合いを持っている。それがいぶし銀の風合いというものであると理解しています。できれば我が人生もそうありたいと人並みに願っていました。

ところで、我が家に古い南部茶釜があります。むかし、東北地方の田舎道の路端にあった骨董品というより古物商から買い求めたものです。(上掲の絵の風鈴も南部鉄器です)

当初は湯を沸かしても、かなっ気(鉄臭)で飲めませんでしたが、連れ合いが何べんも茶殻を入れて煮立てて、ようやく使えるようになりました。表面も使っているうちに汚れや錆がとれて、落ち着いた風合いになってきました。

それを眺めてふと思ったのですが、もともと大した素材でもないのにいぶし銀などと考えるのは、不遜の極みであって、鉄だと思えばいいのではないか。

安物で手間もかかりますが、丁寧に手をかければ丈夫で使い勝手のよい、それなりに年代を重ねた風合いを醸し出します。

そうだ、これからはいぶし銀ではなく鋳物でいこう、いや土器でもよい、要は扱い方と手入れ次第だと感じたのです。

でも、どうやってそれを体現できるのか、肝心のところが分かりません。まあ、それが修行というもので、一生ついて回る業なのでしよう。

取り敢えず、茶殻を入れた風呂にでも入りますか。

            エッセイ放生記 おしまい

  ----------------------------
        ** お知らせとご挨拶 **
  長い間エッセイ放生記をご愛読頂きありがとうございました。
  今回をもちまして一旦筆をおきます。

  恥ずかしながら小説を書き始めました。
  よろしかったら下記からどうぞ。
        http://mineyama.blog.jp/
     
       2018年 秋  たちばな屋善作

カレンダー考

1807恩賜箱根公園
上掲の絵は、自作の二か月カレンダーの7、8月分のものです。昨年の猛暑日に恩賜箱根公園で描いたものです。カレンダーも早いもので今年もあと3枚となりました。

カレンダーの絵を選ぶのは中々難しいものです。自作は何年も続いていますので、いつもこのことが気になり、そのために絵を描きに出掛けることもあります。

四季折々の絵を描くにはそれなりの体力、気力が必要です。その意味では、カレンダー作りはいいキッカケになっているかもしれません。

ところで、あなたはどっち派ですか? カレンダーは週の初めを日曜日とするか、月曜日とするかに二分されています。私は断然月曜日派です。

理由は簡単で、その方が予定を立てやすいからです。生活のペースが殆ど週単位、曜日別となっていますので、この中で何か計画をするときに週末が土曜日になっているカレンダーでは、週をまたいで線を引くことになり、スッキリ感がでません。

生活の区切りが週単位になっている習慣は、言うまでもなく西洋式の暦を取り入れた明治以降のものです。それでは、それ以前には七曜なる概念は無かったかといえば、そんなことはありません。平安初期にはすでに日から土まで今と変わらぬ曜日が知られています。
ただ、残念ながら、日常生活に浸透することはなく、もっぱら占術に使われていたようです。

江戸時代の生活の区切りは、五の日、十の日、十五の日区切りなどが、それぞれの家業の都合で使われていました。これですと休日は月に2日か3日の休日となりますから、現代の主流である週休二日制と比べるとひどく少ないようにも感じられます。

しかし、手代や番頭、或いは職人などの休日実態は、結構アバウトなのかと想像します。それでなければ、長屋の花見や、大山詣、或いはお伊勢参りなど出来るわけもありません。
お店の主人も従業員も、まあまあとかなあなあなどの感覚で対処していたのではないでしょうか。逆に現代の勤務内容の過酷さが週休二日をもたらしているのでしょう。

私は長い間スケジュール管理は、パソコンやタブレット端末のカレンダー機能を使っていました。かなりの長期計画も出来るし、変更修正も楽なのですが、使う度に開くのが面倒です。それで、今はA4サイズの紙に曜日ごとの区切りを作り、それに予定を書き込んでいます。つまりアナログ化したのです。手元でパッと見て分かるので重宝しています。

見落としが少ないし、いいことづくめのようですが、思わぬ落とし穴があります。それは曜日主体なので日付の感覚が薄れることです。認知症テストで必ず出てくるのが当日の日付の記入です。曜日は分かるけど、日付はどうもなどと云い訳は利きません。先日のテストでは大いに慌てました。

日付けがらみで云えば、元号は何とかならないものでしょうか。私は現役時代から西暦一本やりでしたから、元号は生年月日くらいしか自信がありません。

代替わりの際、元号廃止にしたらどうかと思いますが、これは暴論でしょうか。国内にしか通用しない暦法に固執しているのは日本だけらしいですから、ちょっと不気味です。

そのうちにある日突然、これからは西暦を廃止し、神武暦を使うなどと内閣が宣言しかねません。憲法すら閣議決定の政令で変更できるそうですからあり得る話です。そうなると今年は皇紀2678年となるらしいです。

     >>>>エッセイ放生記 毎月二回(1日、15日)発行予定<<<<
お読み頂きありがとうございます。
下記釦のクリックをお願いします。励みになります。

海辺の景色

web1801areruumi

史上最速の梅雨明け宣言が出たあとにとんでもない大雨被害が出ています。関東地方も、梅雨明けといいながらこのところよく雨が降ります。宣言が早すぎたかもしれません。

何はともあれ、梅雨が明ければ海の日、山の日の夏本番がやってきます。湘南の海でも海の家の設置が急ピッチで進んでいます。最近は、こじゃれた感じの大型のものが多くなり、旧来のような錆びたトタン屋根にヨシズ掛けというノスタルジックなものは流行りません。
しかし、あれも無いとなると淋しい気がします。薄べり敷きの床に粗末な折り畳テーブルが並び、アルミ製の灰皿というのが共通仕様で、いかにも家族経営といった従業員が愛想を振りまき、真っ黄や真っ赤なカキ氷を運んでいます。

昨年の海辺では、こういった小屋はチラホラしかありませんでしたが、今年はどうなるのか。世代交代で絶滅するおそれもあります。若い頃には、あのスタイルは湘南の海に相応しくないから規制すべきだなどと息巻いていましたが、いまでは郷愁すら覚えます。

ずい分昔のことですが、出張帰りに休暇をとってハワイの海岸で遊んだことがあります。
プライベート・ビーチ化されているのか、浜が実によく整備されていてゴミ一つ落ちていません。日本のそれとあまりに違うのでカルチャーショックをうけました。

その時に、サーフボードに挑戦しました。3m以上の巨大なボードです。これを借りて沖に出ました。何しろ生まれて初めての経験ですから扱い方が全く分かりません。沖の方に一団のグループがいて、どうやら講習を受けているらしいので、そこに近づき立ち聞きしようという魂胆です。

見よう見まねでボードの上に膝をつき、折をみて立ち上がろうするのですが、これが難しい。とうとう最後まで格好よく立ち上がることは出来ませんでした。

後で分かったことですが、ちょうどこの頃に湘南の海でサーフボードが始まったそうですから、真面目に?やっていれば、サーフボードの草分けとして鼻が高かったのに残念なことをしました。

海の楽しみは、ボードやヨットだけではありません。収穫もあります。夏に入るころ、鎌倉に下宿していた友人とバケツを持って七里ヶ浜に出かけました。丁度大潮の時で、かなり沖合まで平らな岩礁が露出しています。そこで何をやるかといえば、ウニ漁です。

今は規制があるかもしれませんが、当時は自由に採れました。上掲の絵は、今春に描いた七里ヶ浜風景ですが、この荒波の下が岩棚となっていてウニが生息しているのです。

バケツ一杯のウニを下げて下宿に戻り、おばさんに菜っきり包丁を借りて殻を割り身を取り出します。もっとましなやり方があるのかも知れませんが、大きな丼に入りきれないほどの量となりました。包丁がぼろぼろとなったのでお詫びにウニをあげて勘弁してもらい、残りを二人で平らげました。

さすがに暫くは見るのも嫌なほど堪能したものです。採ったのはムラサキウニです。バフンウニのほうが旨いといいますが、いやいや結構いけます。

R147号線を通るとサーフィンをやっている群れをよく見かけますが、ヘタなことをやってないで、下にいるウニでも採ったらどうだと、自分のことを棚に上げて呟いています。

挫折サーファーの繰り言ですが、どうせやるなら地元で漁師でもやればいつでもサーフィンを楽しめます。湘南の海も近頃は種類も漁獲量も大幅に増えて、生協やスーパーに地場ものとして人気を集めています。また若い人が漁業を継いだという話題もよく聞きます。

どんな分野でもそうですが、若い人が参加して初めて将来展望が開けます。海の家はともかく、若い漁師がいる浜ならば景色も変わり集客間違いなしです。キバレ!サーファー。

     >>>>エッセイ放生記 毎月二回(1日、15日)発行予定<<<<
お読み頂きありがとうございます。
下記釦のクリックをお願いします。励みになります。

プロフィール

たちばな屋善作