放生記

雑草と共生する自然農をやっています。大好きな焚き火をしながらあれこれ 浮かんでくる事柄をエッセイにまとめました。 どんなものが生えてくるやら自分にも分かりません。時には水彩画のスケッチを添えます。

わたしの終戦記念日

201404赤城山麓
  (空襲の時にはこの辺りまで逃げ回った)
終戦の年は、低学年の小学生でした。
当時、父が市内を離れた農村部に建てた小屋にいることが多く、学校に行った記憶は殆どありません。農家の子供たちと山を駆け回ったり、小川で釣りをしたり、仕掛けに掛かったウナギや川魚を探し回り、そして大事なのは焚き木を拾い集めることでした。

小屋は、一間だけの掘っ建てに近い粗末なもので、中央に大きな囲炉裏が切られていました。煮炊きは全てここで行います。つまりいつも焚き火をしているわけです。今考えると私の焚き火好きもこの辺りに遠因がありそうです。

あの日、つまり八月十五日に、集落の中のある家に、近くの人全員が呼び集められました。
その家にはラジオがあったのです。大人たちは直立不動、老婆などは地べたに正座をして玉音放送を聞きました。「朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み・・・」という終戦詔書は、何も理解できませんでしたが、大人たちの挙措から戦争が終わったらしいことは推察できました。

あの時の印象は、兎に角暑かったことと蝉の鳴き声と雲一つない青空くらいですが、これで空襲がなくなるとホッとしたはよく覚えています。それ程に空襲は苛烈でした。
近くに中島飛行機があったせいで前橋はよく空襲を受けました。

最初のうちは夜襲でした。夜に警戒警報のサイレンが鳴り響くと、何も持たずに赤城山の麓の農村部を逃げ回っていました。焼夷弾が投下されると周りが昼間のような状態になり、その中を人々が逃げ惑うさまが浮かび上がります。それを目がけて爆弾が落とされ、機銃掃射が行われます。

夜が明けてからがまた地獄です。屍をまたぎながら、あるいはどこか負傷したのかごろごろ転げ回る人を避けたりしながら、幼い兄弟の手を引き、草臥れ果てた母を庇いながら家路に急ぎました。とても他人に拘わっている余裕はありませんでした。父は食料調達のため大抵疎開小屋にいたのでリーダー役は私が担っていたのです。

そのうちに昼日中の空襲に変わってきました。B29が巨体をきらめかせながら伊勢崎辺りの上空を飛行してくるのをよく眺めていました。当然地上から高射砲で応戦します。ところがこの高射砲の弾がB29に届かないのです。その頃わが軍の戦闘機は払底していたのか殆ど飛びませんでした。戦力の圧倒的な差は小学生の私にも一目瞭然です。これでは空襲が昼間に行われるのは当たり前です。

この空襲で、グラマン戦闘機に襲われたことがあります。私個人がです。
友人の家にいたときに空襲警報が鳴り、家に帰ろうと道を歩いていました。周りには人っ子一人いません。その時突然グラマンが現れ道路沿いに機銃掃射を行いました。物陰に隠れてやり過ごしたあと、再び歩き始めた私に、あろうことか先ほどのグラマンが引き返してきて再び機銃掃射を浴びせてきました。今度はかなり低空飛行で、操縦士と目が合ったような気がします。恐怖が全身を走ります。明らかに私一人を狙っていることに気づいたからです。

後から考えたことですが、この時の操縦士の心境は、バカにされた思いで報復行為に出たと思います。敵は全く無抵抗状態の中を思うがままに蹂躙していたわけです。
それを、道の中にちょろちょろしている人間が一人いる。目障りだ! とても許しておけんとなったのでしょう。

一人の民間人に対して戦闘機でもって狙い撃ちにする。しかも二度までも。コストパフォーマンスからいえばあり得ない行為ですが、戦争というのは、こんなことがまかり通る実に異常で不条理な事態であることを証明しています。

教皇ヨハネ・パウロ二世は、ヒロシマに来られた時に「戦争は人間の仕業です」と言われました。戦争とは敵、味方を問わず、どうにもならぬ常軌を逸した行為に走らせます。
その意味でも決して許してならぬものだと痛感します。

同じことは原発にも言えます。メルトダウンしたら人間は制御できません。制御できない事態になる前にやるべきことは再稼働の中止であり、廃炉しかありません。

戦争、原水爆、原発、いずれも人間由来の事象ですが、それらがどんな事態になっても人間が対応でき、制御出来ると思うのは幻想であり、驕りです。
ひどく大袈裟な話しになりましたが、これは、一人の小学生の感想文です。お笑い下さい。
何れにしろ、人間の出来ること、出来ないこと、そしてやってはならぬことを見極める叡智が望まれるところです。

     >>>>エッセイ放生記 毎月二回(1日、15日)発行予定<<<<
お読み頂きありがとうございます。
下記釦のクリックをお願いします。励みになります。

八月の自然農

99みょうが

自然農を始めて20年以上になります。
畑が少し遠いこともあって、トマト、ナス、キュウリなどの手間のかかる夏野菜は栽培していません。

今年は毎年定番のモロヘイヤとツルムラサキの種まきに失敗したので、今の時期に畑にある作物は生姜、さつま芋、カボチャ、ネギくらいのものです。それでは暑い盛りに畑に行こともないと思われるでしょうが、これがそういう訳にもいかないのです。

畑の周囲や通路、フキ畑、果樹園などの草刈りが欠かせません。畑全体では600坪、このうち私の担当分は約200坪ほどあります。丁寧にやればほぼ一日分の仕事になります。

草刈りはエンジン付きの草刈り機を使いますが、この作業は嫌いではありません。むしろ好きといってもいいでしょう。作業中は気を抜くと危険なのでかなり集中して行います。ほぼ無心の境地です。刈り終わった跡がきれいに五分刈り頭みたいになったのを見るとそれなりに達成感があります。やったことはありませんが、座禅を組んだ後はこんな心境かなとも思います。

刈った草は草堆肥にすることもできますが、ちゃんとした堆肥にするには結構手がかかります。大抵は刈りっぱなしにして、地面の暑さ対策と保水に役立てます。草が伸びているとかなりの量になるので、この時は乾燥させたあと焼いて灰にします。この灰はよいカリ肥料として役に立ちます。

休憩や昼めしは、今年から特別席を用意しました。プラムの下枝を整理してここを休憩所にしたのです。木陰の涼しさは格別で、ついウトウトしてしまう快適さです。

ところで皆さんの農作業スタイルはどうしていますか。私の場合は、上から麦わら帽子、首タオル、木綿の長袖シャツに長ズボンで、足元は夏でも焚き火をするので革製の安全靴です。欠かせないのは首タオルです。これに使うタオルは、旅館でもらうものが最適です。連れ合いのなどは、名入りタオルは恥ずかしいといって雑巾にしたがりますが、トンでもないことです。あの薄さがちょうどよいのです。欲をいえばもう少し長いと使い勝手がよいのですがコスト低減のためか短くなる傾向で残念です。

テニスの錦織など、シャツで汗を拭っていますが、首タオルでプレイしたら4回戦に進めたかもしれません。それとも公式戦で首タオルはルール違反でしょうか。

長袖シャツも不可欠です。手のひらに蚊よけスプレーを吹きつけて、その手で顔や手首を拭えば蚊対策はほぼ完ぺきです。八月になると畑にミョウガが出てきますが、茎をかき分けて探すときに一斉に出てくる蚊にもへっちゃらです。
上掲の絵は、そうやって得たミョウガです。帰宅後、麺つゆにたっぷりと入れて冷や麦などすすると、次はいつ畑に行こうかと労働意欲を掻き立ててくれます。

今年の自然農のトピックスはカボチャの空中栽培です。省力化を狙ってずい分早くから支柱やら竹製の棚などを用意し、満を持して時期を待ちました。ところが肝心の種まきがうまくいかず発芽しません。こんな事は初めてです。二度目の種まきから苗が伸びてきたのは7月中旬になってしまいました。現在は棚に上がったのは一本だけ、ほかは地面の上にごちゃごちゃしていて花が咲いています。これでは省力化どころか却って手間がかかりそうです。

自然農に限らず、物事は時宜に叶った対応をしないと無駄骨を折るハメになりますが、今回はその典型的なパターンになりそうです。

自然農といっても放任栽培ではないので、それなりに手がかかります。老齢化の体力低下で省力化も工夫する必要があります。どうしたら自然農の主旨(無耕起、無農薬、草との共生)を生かせるのか、これからが正念場です。

     >>>>エッセイ放生記 毎月二回(1日、15日)発行予定<<<<
お読み頂きありがとうございます。
下記釦のクリックをお願いします。励みになります。

海の日と原発

材木座海岸

海の日と原発

海なし県に育ったせいか海には強く惹かれます。
就職先の研修期間を鎌倉の保養所で合宿したのも一因かもしれません。不況の折で配属先の工場が開店休業状態で実習先も確保できないありさまでした。しばらく保養所にでも放り込んでおけということになったのでしょう、4月から9月までここにいました。

僅かな座学のあとはもっぱら屋外活動です。海岸沿いを江の島まで歩いたり、夕食後に縁側から見える由比ヶ浜の夕景を眺め入ったり、すっかり海に馴染みました。

ヨットにも手を出しました。当時、森繁や加山雄三などの持ち船が話題になっていました。あんな外洋航海できるようなヨットはとても無理です。ディンギーと呼ばれる二枚帆の小さな舟ですが無理すれば4・5人は乗れます。レースに出たり、佐島や烏帽子岩などに出かけ、誰もいない浜をみつけて上陸しよく昼寝したものです。

これは恰好の気分転換になりました。その頃は高度成長期で会社務めは激務の一言です。
いまならブラック企業のそれと変わりありません。それでもだれも不平不満をいわなかったのは、目標がはっきりしていて、それに向けて全員が力を合わせている実感があったせいでしょう。

そんなに親しんだ海から足が遠のいたのは、仕事の関係もありますが、浜がひどく汚くなったせいです。シーズンの最後に浜を掃除して、ゴミを穴に放り込むと翌年には綺麗になっていたのが、プラゴミが増えてきてからはもういけません。市の清掃も追いつかず、汚れる一方です。

そんな浜も海も最近かなりきれいになってきました。それで近頃は毎年夏になると海に出るようになりました。といっても浜でビールを飲んでタバコを吸い、海風に吹かれながらぼんやりと海を眺めているだけですが。

それで、打ち寄せる波がしらが浜辺に儚く消えていく様を見ていて、このエネルギー遷移を電力変換できぬものかといつも思います。
それが出来れば、おぞましい原発に頼らずとも済むのにと取らぬ狸の皮算用をしてしまいます。

というのは、いつか見た資料に、日本の海岸線の長さはアメリカ、中国を抜いて世界第6位だとあったからです。つまりこの面では有数な資源国なのです。
(先日のニュースで、潮流発電が実用化されそうだと報じられていましたから、あながち夢物語でもなさそうです)。

どだい、地震大国日本に原発があること自体がおかしくないですか。と、ここからやや気合が入ります。最近巨大地震の被害想定が次々と発表されていますが、原発による被害のことをもっと議論するべきです。真剣に考えれば、即時停止くらいに踏み込む必要がありますが、何とも生ぬるい状況です。

話題が突然飛びますが、海は広いな大きいなという歌があります。大好きな歌ですが、あれを作詞した人はとんでもないことを云っています。実際のスケールで云えば月はともかく、海に太陽が沈むことはない。でも人にはそう見えます。このことは何か大事なメッセージのような気がしています。見方、つまり視点をかえれば別のものが現れる。あるいは真実が発見されるという意味で。

間違いなく巨大地震は発生すると言われているのですから原発問題は、今からすぐにでも視点を変えて考えたいものです。私などその頃には、この世をば、線香の煙とともに、はいさようなら しているでしょうが、分かりきっている惨事を防げないのは情けない話です。

私は、いま鎌倉、峯山の山桜の巨木を後世に残そうと活動していますが、山桜は後世に残してもいいですが、原発は残してはならぬものの筆頭でしょう。

     >>>>エッセイ放生記 毎月二回(1日、15日)発行予定<<<<
お読み頂きありがとうございます。
下記釦のクリックをお願いします。励みになります。

livedoor プロフィール
カテゴリー